キャッシング選びの基礎

キャッシングを申込む時には、どうやって借りるのか、自分でも借りられるのか、金利は何%なのか、正社員じゃなくても借りられるのか、返済はどの位なのか、などなど、様々な疑問があって当然です。少しでもお得に借りられる所を探したいですし、簡単に借りたい、確実に借りたい、すぐに借りたい、など、要望も様々です。

 

 

キャッシングを選ぶにあたって、知っておくべき基礎知識がいくつかあります。キャッシングを選ぶ前に、基本を押さえておきましょう。

 

最低金利と最高金利について

キャッシングは一部例外を除いて、利息が発生します。金利が高いキャッシングを利用すると、高い利息を取られてしまいます。しかし、実際に低金利な所を探そうとすると、1つの疑問が出てきます。

 

例えばアコムの金利は3.0%~18.0%で、プロミスの金利は4.5%~17.8%です。これだけでは、どちらがお得なのかはっきりしません。最低金利で見ればアコムがお得ですが、最高金利で見ればプロミスがお得だからです。

 

結論から言えば、キャッシング選びでは最高金利を見て比較をするのが正解です。キャッシングでは多額の借入れを希望しなければ、高確率で最高金利が適用されます。キャッシング会社によって違いはありますが、数十万円程度の借入れではほぼ最高金利が適用されます。

 

いざという時の備えとして持っておきたい人や、ちょっとしたお金のトラブルで契約を希望している人にとっては、最高金利で比較するのがよいでしょう。

 

ただし注意をしておきたいのがおまとめローンにも向く銀行カードローンを使う場合で、銀行のカードローンは限度額ごとに上限金利が決められているため、全体の上限金利だけを見てしまうと借り入れ金額に応じた金利を見逃してしまう可能性があります。利用先によって金利の設定の仕方が変わるので、上限金利で比べるとしてもしっかりと確認をする必要があります。

 

借入限度額について

キャッシングを利用する人の多くは、ちょっとしたお金のトラブルがきっかけです。急な入院で治療費が必要だとか、冠婚葬祭でお金が必要だとか、旅行の計画を立てたいがお金がないだとか、10万円以内の借入れで利用する人は多いです。

 

キャッシングには限度額があり、アコムなら800万円、プロミスなら500万円まで借りられます。しかし、最高限度額まで契約を結ぶ人も、結べる人もほとんどいないのが実情です。

 

キャッシングについては総量規制という法律があり、年収の1/3を超える貸付けは禁止されています。例えば年収600万円のサラリーマンは、他社も含めた借入限度額は最高でも200万円までとなります。

 

初めての申込みで借りられる限度額は50万円以内が一般的です。50万円を超える金額が必要な理由がはっきりしていなければ、多額の借入れは難しいのが実情です。つまり、最高限度額が100万円程度あれば、どこを選んでもそれ程違いはありません。

 

最短即日融資は絶対その日の内に借りられるのか

キャッシングのサービスは日々改善されています。今は最短即日融資のキャッシング会社も当たり前になってきています。即日融資なら、申込んだその日の内にお金を受取れるので、急ぎでお金が必要な人にピッタリのサービスです。ただし、最短という言葉にあるように、必ずその日の内に融資が受けられるとは限りません。

 

即日融資に間に合わない理由の1つに審査が間に合わないという状況があります。例えば審査窓口が混み合っていて、その日の内に間に合わない場合や、名字が頻繁に変わっている又は同姓同名の情報と混じっているなどの理由で詳細の確認に時間がかかっている場合、審査も長引く場合があります。

 

また、そもそも審査の営業時間を過ぎてしまっている場合も、審査は翌日以降に行われてしまいます。

 

その他にもキャッシング会社及び受け取り方法によって、即日融資が間に合うタイミングが異なります。例えば土日や祝日の場合、キャッシング会社によっては入金が行われない場合があります。加えて口座振込での入金を希望する場合、その銀行の営業時間の関係上、14時までの申込みを条件としているキャッシング会社は多いです。

 

契約機を利用するとなると話は変わりますが、銀行振り込みで借りる場合にはどうしても振り込みの対応可能時間が定められているために仕方が無い部分があります。広い対応時間で借りたい場合には振り込みではなく契約機を使うほうが良いので、契約機での素早い借り入れが利用できる三井住友銀行の最短即日カードローンをネット申し込みから利用するなど、使い方や選び方も工夫をしてみると良いのです。